人外さん在住FOREST
人外、ショタを愛するイラスト付きつぶやキスト。ポケモンオーラスでレート潜ったりもしてます。現在スプラトゥーンのプレイ(攻略?)日記を毎日書いてます。


  今更グラブルプレイ日記第3話 ショタっ子との遭遇
さあ、今日も今日とてプレイ日記の続きですよ!・・・と、いいたいところですが、まず更新が遅くなってしまったことへの謝罪を1つ。
なんとなくそんな予感はしていたんですよ。書かなくなる日が来るんじゃないかという予感は。
ですが、まさか三日坊主どころか二日坊主になるとはさすがの僕自身も思っていませんでした!
本当に申し訳ない!!

まあ、謝罪に尺を取りすぎても満足するのは僕だけなので本編にさっさと入りましょうか。
ストーリーの導入が終わりようやく本編に移行しました。
最初に出てきた新キャラはエルフ耳がかわいいシェロカルテちゃん。
s
グラブル始める前からエルフ耳というか、おっきい耳のキャラクターは大好きでした(*´ω`)┛
見た目に反して中身は大人(どっかの名探偵みたいな説明)な模様。さらっと黒いことも言ったりしてました。
見た目子どもだけど中身は大人ってのもいいですよね。
ロリババアならぬショタジジイも好きですよ!・・・あんまいないけど。
ショタというと、日記初回で現状のショタ枠と定めたビィくんもいい感じにショタ的扱いを受けていて僕は満足です(真顔)
が、僕はこの時まだ気づいていなかった。
これから現れるショタっ子の訪れに・・・

h
ショタっ子キタ----━(゚∀゚)━-----!!!
フュリアス総統閣下です。
分類するなら生意気系に入るのでしょうかね?
ですが責められたら弱そう・・・というかヘタレ属性も持ち合わせているようではっきり言ってかなり押し倒したいショタっ子ですね。
・・・が、公式サイトでプロフィールを確認したところ23歳であることが判明。
え?小さすぎて見えない?
ならば大きくしてもう一度言おう。
23歳であることが判明ッ!!
「嘘だろ!!!」と画面の前で叫んだことは言うまでもない。
まあ、見た目がショタなら事実上のショタなのでええい構うものか。
あと余談ですが、ずっと名前を「ヒュリアス」だと勘違いしていて、画像検索のときにめちゃめちゃ手こずりました。
(ヒュリアスで打ち込むと候補に「ヒュリアス グラブル」と出るので余計気づくのが遅れた)

あと、前回ガチャで手に入れたクロエという褐色女の子についてなのですが、僕はキャラを使うまで無口クール系だと思っていたのですが、実際使ってみると超現代系ギャル口調でばりばりしゃべるのでとんでもなく面食らいました。
「思ってたんと違う」
これほど的確に僕が抱いた感情を表現した言葉もないって程当てはまってました。
k
でも改めてよく見たら学生っぽいナリしてますね。
でも僕の中では褐色子はクールなんですよねぇ・・・なんでかわかんないけど。

また、イベントをこなしていくうちにジョブチェンジなるものをしろッ!しろおおおッ!!
と、めっちゃゲームにいわれたがガン無視して先に進めた。
正確には一旦は先に進めるためにジョブを変えたがその姿のまま戦闘する前に初期装備に戻しました。
こういうのは案外初期装備が一番戦いやすいんですよ・・・と大してゲームをやりこんだこともないくせに暴論を語りましたがグラブルはどうなんでしょうね?
ちなみにやりたかった笛師はまだ解禁されていませんでした。
もしかして課金装備なのかな?
だとしたら一生このジョブになれないことになるんですが大丈夫かな?
信じてますよ?グラブルさん?

ストーリーでは先ほどのフュリアス総統閣下(の手下&モンスター)と戦闘しました。
雑魚敵はともかく、おそらくは強いボスであろうグリフォンが出てきました(現状のパーティーの攻撃だとちょびっとしか削れないくらいの強さ)が、どっかの誰かの召喚獣レベル100を仲間として連れていたため瞬殺で終わりました。
これは例えるならマサラタウンを出た直後にミュウツーレベル100が仲間にいるようなもので、明らかにチートレベルなのだが、仲間にできたのだからそりゃあ連れていくわな!?
ストーリーを楽しむならサポートで連れていける仲間はもっと弱っちいのを選んだほうがいいのかもしれませんね。
グリフォンを倒すと、直前までふんぞり返っていた総統閣下が急にヘッポコになってかわいかったです(この行だけ知能が退化している
ラストにいかにもできそうなお付きの二人がチラ見せされて終わりました。
たぶん次の章のボスなんでしょうね。

さて、今日はここらで終わります。
更新は一応不定期なのですができるだけ高頻度であげられるようがんばります・・・たぶんがんばります
この後のストーリーで総統閣下は果たして出てくるのか!?
そうじゃなくても他にショタっ子が出てくること期待で先を急ぎます。
なんなら23歳でもいいから!!
・・・あと今気づいたけど、このショタ僕とほぼ同い年かよ!!
スポンサーサイト
2017/10/15/Sun 01:11:58   グラブル/CM:0/TB:0/

  今更グラブルプレイ日記第2話 はじめてのガチャ
今回も書いていきますともグラブルプレイ日記。
ですが本題に入る前に一つだけ。
言うまでもないことなのですがあえて言いましょう。
このプレイ日記には攻略的な要素は一切含まれておりません。
また、当然ネタバレが含まれます。目を通す際にはご注意ください。
・・・いらないな、この二行!!
グラブルの稼働時期を調べてみたのですが2014年3月10日からリリースされているらしい。
すなわちすでに3年以上経過しており、尚且つまだチュートリアルで足踏みしている人が攻略記事を書いたところで需要は天上天下どこにも存在しないことは火を見るよりも明らか。
まあ、うちのブログに攻略要素を求めて見に来る人ははじめからいないだろうが言うだけ言わせていただきました。
そんな当たり前体操のネタになりそうなくらい当たり前のことを確認したところで本題に入りましょう。

ストーリーは姉御的な立ち位置のキャラクター、カタリナが操縦していた飛行艇が不時着したところから始まった。
k
↑この人ね
姉御的なキャラと書いたが、このカタリナという女性。
序盤の様子を見るに頼れるツンツンしたキャラなのかと思いきや、いろいろ残念なところもあったりでけっこう好きです。
飛行艇をうまく運転できなかったり、かわいいもの好きなせいでウサギ型の魔物に攻撃するのをためらったり(しかもそのせいで主人公がダメージを受けた)、その後敵を倒した際にはあたかも主人公にした仕打ちをなきものにするかの如くドヤ顔してきたり。
もしこの時受けたダメージで主人公が昇天していれば完全に黒幕だったぞ。
1
↑ドヤ顔証拠写真

その後近くの町に移動しガチャのチュートリアルに入った。
最初の10連ガチャである。
ガチャに限らず、不確定のものの中身を空けるときはドキドキしますね!
僕は遊戯王のパックを開けたときのことを思い出しました。
・・・と思って10連を引いたのですが、ストーリー中だったこともありおそらく中身が確定しているガチャだったようだ。
とりあえず仲間は増えました。やったねたえちゃん仲間がry
その時に入った仲間がコイツ
2
カタリナの姉御以上に残念なイケメン。
まあ嫌いではないですよ、こういうキャラ。
というかむしろ好きです。
少々話が逸れますが、僕はイケメンキャラの中だとダントツで残念なイケメンが好きなのですよ!
イケメンにもいろいろいるでしょう。
完璧なイケメンだったり、努力家なイケメンだったり、天然なイケメンだったり。
彼らには彼らなりの良さがありますが、残念なイケメンのいいところは何よりギャップです、ギャップ
ギャップはキャラを立たせたり笑いを誘うのはもちろんですが、そんな一面もあるんだという出所不明の安心感を感じるといいますか、より人間的に見えるのが魅力ですかね~(=∀=)
もっとも、今回手に入ったウェルダーは数分後にパーティから解雇されます。

話を戻しましょう。
チュートリアルが終った後にちゃんと10連は引けるようになっていました。
あらかじめ当たりキャラを調べていいのが出るまで引く(いわゆるリセマラ)のもいいと思いましたが、今回は一発勝負で行くことにしました。
一応確定で一つはSSRが出るようです。
では、気合を入れて・・・そおおおおおおおおい!!!(*゚ロ゚)
くじとか引くとき無駄に気合入るのは僕だけですかね?
・・・いろいろ出てきましたが、とりあえす出てきたもの全て最低でもレアと表記されていたので外れは引かなかった模様。
そして期待のSSRはグランデピエという武器でした。
同時に手に入ったキャラはカルメリーナって娘。
ちなみに性能とかは調べてないので一切知りません
この子は一体当たりなのか外れなのか・・・少なくともショタっ子でないことだけは確かなようですが。
あと、主人公のジョブもいろいろ選べるようですね。
今は初期状態ですが、個人的には笛師とかしてみたいですね。
もちろん、そんなジョブがあるかも知りませんが。

その後もビンゴゲームみたいな初心者用のミッションをこなしたり、なんやかんやしてるうちに単発でガチャが引けるようになったので我慢とか一切せずに引いてみたのですがクロエという褐色娘を入手。
普通のレアだったので珍しくはないのだろうがかわいかったのでパーティに入れました。
もちろんその代償として抜かれるのは先ほど入手したウェルダーである。
さらば残念なイケメン。
僕は褐色のかわいいキャラの方が好きなのだ。

今回はこんなところですかね。
チュートリアルをようやく終えたかどうかって感じです。
お気付きの方もいるかもしれませんが、ストーリーの進展速度はなめくじの移動速度がごとく滅茶遅いです。
あんまり進み過ぎると記事を書くのも大変ですしね。
最後に、チュートリアルをこなしていたときにビィくん突然理解不能な言語をまくしたてプレイヤーを疑問符の渦に叩き込んだシーンをお見せして終わります。
3
ビィくんの笑顔が怖い・・・まあ、たぶん読み込めてなかっただけでしょうけど。
ちなみにこの後すぐ正常に表示されました。



面白いやん、と思った方のための拍手ボタンはこの下に(゚∀。)アヒャ
2017/09/29/Fri 01:01:11   グラブル/CM:2/TB:0/

  今更グラブルプレイ日記第1話 タイミングを逃し過ぎた
お久しぶりです皆様。
もっとも、以前うちのブログを見ていた方は絶対に残っていないと思うので、ここは改めて自己紹介から入りたいと思います。
ニコ生、pixiv、カラオケ、そしてブログと様々なものに手を出しては毎日を謳歌しているショタコン、ろーにんと申します。
イントネーションはカーテンやピーマンと同じです。
以前このブログではスプラトゥ―ンのプレイ日記を書いていました。
どこかの記事に「消えるときは無断ではなく、一言言ってから消えます」といったことを書いた気がしますが、あたかもそれがなかったかのように自然消滅していました、申し訳ない。

gu


まあ、それは置いといて、今回なぜ滅多にやりもしないスマホゲーのプレイ日記を書くことにしたのかというと、それは刀剣乱舞とのコラボをやっていたから、という一点に尽きます。
ニコ生を見ている方は周知の事実だと思いますが、僕は刀剣乱舞に手を出していまして、いつの間にかそれが配信のメインになるほどにのめりこんでいきました(にわかではあるが)。
そんな折に刀剣乱舞とグラブルがコラボする、という話を聞きまして。
せっかくだからやってみるか~とは思ったものの、普段スマホゲーをやらない身ゆえ、だらだらとインストールするにも至らないまま時間が過ぎてしまいました。
それまで僕の中でグラブルなんてCMの中の存在でしかなく、テレビの液晶に「グラブってる?」と聞かれるたびに「グラブれてませんッ!!」という難解な日本語で毛を逆立てて拒絶していました。
ようやく思い立ったのが9月27日
きっかけはリスナーさんがグラブルに関する内容を呟いているのを見て、自分も混ざって遊びてぇといった思いつきの見切り発車もいいところで、そんなだから事前にロクに調べもせずに即インストール。
晴れてグラブルデビューを果たしたのである。

が、この時点でお気付きの方もいるだろう。
最初のきっかけとなった刀剣乱舞とのコラボ・・・実はこれ期間が9月9日~9月21日まで!!
つまりとっくのとうにイベントは終了していたのである。
グラブルをインストールした際にTwitterで始めることを呟いたのだが、冒険に出るどころか主人公の名前も明かされていないのにとんだ恥をさらしたものである。
が、そこでアンインストールするのも惜しいし何より他のリスナーの方と一緒に遊びたかったので、敵と遭遇する依然に心が折れそうになりながらも続けることにした。

一応ここまでが始めようとした経緯である。
長いわ!!長い上に恥しか晒していないという不名誉この上ない始まりだが、これでもまだプレイ日記を書く理由が明かされていないということが恐ろしい。
まあ、それは追い追い話すことにして内容に入りましょう。
今回はチュートリアルに関してだけですがね。

OPが終わり、最初に出てきた子はドラゴンのビィ
b
めっちゃかわいい(*’U`*)
一応改めて言いますが、僕はショタコンなので、あらゆるゲームをする上でショタっ子が出てくるかどうかは重要な要素である。
とりあえずチュートリアルをやった感じだとこのビィが一番ショタっ子ぽかったのでこの子をこのゲームの現状のショタ枠とする。異論は認めない。
話がやや逸れたが、ストーリーを進めていくと青い髪の少女が主人公の前に現れた。
いわゆる起承転結の転のところですな。
名前はまだ憶えられていないので割愛するが、この時点でゲームのBGMやキャラのボイスが入っていないことに気づく。
というか、最初にオフに設定したのだが、やはり最初だということもあり声や曲が聴きたくなってしまった。
なのでそれっぽいボタンを押して音を入れようとしたがイマイチ反応がない
ならば、と調整できそうなMYpageを押したらなんやかんやで音が入った。
オッケーと元の画面に戻そうとしたが出てきたのはまさかのスタート画面
嫌な予感がしつつも、めっちゃ押して押して!!と言ってくるゲームスタートのボタンを押すとなんと初めから!
さすがにテンポが悪くなりそうだったので少し飛ばそうと思ってSKIPを押したらなんといきなり戦闘画面になり見ず知らずの鎧兵に襲われている!!
なるほど、これが奇襲か・・・やりおる
と無理矢理納得して世界観に再び浸りチュートリアルをこなしていく。
この辺の基本設定はやっていれば覚えるだろうと軽く流した。

途中、RPG基本の主人公の名前決めがあったので、一応『ろーにん』にしときました。
が、それがミスッ!!
このろーにんという名前、恐ろしく世界観に合わない。
何より平仮名が浮きすぎていて明らかに別の世界線から来た人になっている。
絶対最初の島の生まれじゃなくて拾われてきた子だわ・・・と軽く後悔したがまあそれも面白かろう、といことで進めることにする。
そのままなんやかんやでバハムートを呼び出しヒィドラを倒して次の町へ、となったところまでは今回進めました。
途中出てきたおじさん大尉が新光神話パルテナの鏡に出てきた敵と同じ声だった上に喋り方も似ていたので妙に親近感を覚えました。
パルテナの鏡のピット君はめちゃくちゃかわいいのでショタコンの方やそうでない方にも購入をお勧めする(ダイマ)

久々のブログ更新だったので控えめな文字数にするつもりだったのですが結構書いてしまった。
まあ、絵描くのも楽しいですが文章打つのも楽しいので仕方ないですね。
あと、どんなゲームも初めてやるゲームの冒頭はワクワクしますね!
久しぶりの高揚感です(笑)
このプレイ日記がどれくらいの頻度で、そしていつまで続くかわかりませんができるだけ続けていきたい次第。



では、今回はここまで。
季節の変わり目なので風邪を引かないよう気を付けましょう。
・・・とりあえず僕は口内炎を早く治したい。
2017/09/28/Thu 01:05:02   グラブル/CM:2/TB:0/

  お久しぶりです
お久しぶりです、画面の前の皆様。
あまりにも久しぶりすぎて以前とは見ている方が変わっている可能性もありますがお久しぶりです。ろーにんです。

以前はスプラトゥーンプレイ日記を書いていたのですが、一度書かなくなってしまうとなかなか戻れないものですね・・・
正直こんなに期間が空くとは思っていませんでした。
その期間、なんと約9カ月!!時間の流れは早いものなんだなぁ・・・。   みつお



まあ、それはともかく。
何故今更ブログに顔(手)を出したのかというと、なんとわたくし、この度大学の半ばでありながらイラスト系の専門学校に通うことに決めまして、心機一転しようと思った次第です。
じゃあ、ブログで文字打ってないで絵でも描いとけ、と言われそうですが・・・まあそれもそうだな!(納得)
いやいや、元はと言えば絵を描こうと思って立ち上げたこのブログ。ようやく本来の役割を果たす時が来たのかもしれません。
せっかくブログを作ったのだし、使わなければ損という思いもありますしね。
じゃあスプラトゥーンプレイ日記を中断するなよ、と思われそうだが、それもそうだよ!!(悟り)

ちなみにスプラトゥーン自体は日記書くのをやめてからもやってましたよ。
実力は変わっていないどころかむしろ下がったまでありますが相変わらず楽しいです。
だが、ダイナモローラーは置いてきた。この戦いにはついて来れそうもない。



では、今回はこの辺で。
結局何が言いたかったのかというと再開の意思ありということを呟きたかっただけです。
が、次回の更新は未定という行き当たりばったり加減は昔のままです。
それでいいのか!!
2016/08/04/Thu 23:46:08   雑記/CM:0/TB:0/

  スプラトゥーン プレイ日記 その86‐ボールドマーカーワールドメーカー
最近”ボールドマーカー”にぞっこんの僕ことろーにんです。
楽しいですねぇ、ボールド。
全武器を見てもトップクラスの偏屈さと妙な人気があることで有名ですね。
なぜこの武器を使い始めたかというと、あの有名な某GIFを見たからですね。
あんなん見たら使いたくなるに決まっとろぉが!!! 
と、キレた理由はよくわからないがとにかく練習を開始。
目指すはもちろん雷神ステップのマスターだ。

raizinn


説明しよう・・・雷神ステップとは!! 
雷のごとき移動速度をもって相手を翻弄し、驚嘆させ、信者に導くボールド教最高信者にのみ与えられた超技術のことであるッ!!! 

スプラトゥ―ン用語wikiのボールド教の記事が面白かったのでよかったら見てみてはイカがでしょう?
wikiのボールド教の記事

使ってみて感じたことは・・・
①速い!!速いZE!!!
②瞬殺ッ!!反撃の隙を与えないッ!!!
③めっちゃメガホンレーザー連発できる!!たのスィ~
④射程みじかッ!!正面からの撃ち合いは悲しいことになる
⑤ローラー無理。ブラスターもキツイ
⑥アナタモボールドヲ使ウノデス・・・


・・・ハッ、僕は今一体何を言っていたのか・・・お、思い出せない。
3行上のことだが思い出せない。 

ボールドマーカー、楽しいんですけどやっぱり扱いが難しいですね。
正面からだとスプコラやブラスターに基本勝てませんし、回り込もうにも味方インクがある程度ないとかわしきれない。
しかも短射程故接近しなければならないのでローラー(特にカーボンローラー)の餌食になります。
が、一度嵌るとズバズバなぎ倒していけるのが本当に楽しい!! 
ビーコンやメガホンも相まって非常にフィールドを広く使って戦える点も特徴の一つと言えるのではないでしょうか?

ちなみに件の雷神ステップですが、自分ではそれなりにできてる気がするのですが、相手視点からは自分がどう動いて見えるのかわからないのでできているか確認できない。 
ただ楽しんで戦ってそれでいて勝てればそれでいいのだ。
勝てれば、な。
僕の実力だとまだボールドで勝ち抜くのはちょいきびすぃです。
相手にローラーとブラスターがいなくてかつステージがホッケ埠頭じゃなければそれなりには・・・って条件厳しいな!!! 
しばらくは練習が必要みたいです。
まあ、いつものことですね。

boruto




では、今回はこの辺で。
最近まで知らなかったのですがボールド教よりも前にダイナモ教という宗派ができてたんですね。
確かに、ダイナモは僕が一目ぼれした武器ですからそれだけ魅力があるということでしょう。
なんか自分の相棒なだけに嬉しいですね(笑)
2015/11/11/Wed 00:08:00   スプラトゥーン/CM:0/TB:0/

MAIN / NEXT