FC2ブログ


人外さん在住FOREST
人外、ショタを愛するイラスト付きつぶやキスト。ポケモンオーラスでレート潜ったりもしてます。現在スプラトゥーンのプレイ(攻略?)日記を毎日書いてます。


  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--/-- --:--:--   スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

  スプラトゥーン プレイ日記 その80‐52ガロンデコはもっと流行ってもいいと思ふ
今スプラトゥ―ン環境に多い武器と言えば?
96ガロンデコ、52ガロンなどのシールド持ちのゴロン武器がまず思い出されるのではないでしょうか?
例え違う武器が浮かんだとしても今回はガロンが思い浮かんだということにしてもらう。 
実際この2種はよく見る。
だが、ここで違和感を覚えはしないだろうか?
96ガロンと52ガロンデコをガチで見かけることが圧倒的に少ない!!、と。
96ガロンはどちらかといえばナワバリに向いた装備だからわからないでもない。
が、しかし、”52ガロンデコ”はどうだ?!
武器性能自体は普通の52ガロンと変わらず、サブも優秀勝つ希少な”チェイスボム”。
さらにスペシャルは万能”トルネード”。
なぜ52ゴロンデコはあまり使われないのか? 
今回は最近僕がはまっているこの武器について書きたいと思う。

te



まず、52ガロンといえばそれなりの射程と防御アップを積まれていなければ確定2発で倒せる火力が魅力である。
もちろんそれはガロンデコになっても変わることはない。
96ガロンデコが流行ったのは96ガロンと完全に同じ武器性能であったことも(きっと)影響しているだろう。
ならデコと無印のとで使い勝手を分けるのはサブ、スペシャルということになる。 
サブはそれぞれ”スプラッシュシールド”と”チェイスボム”である。
スプラッシュシールドはもはや説明不要なほど知名度が高く優秀なサブだ。
相手の攻撃を通さないので一定時間一方的に攻撃することができ、かつ仲間を守ることもできる点が魅力である。
一方チェイスボムはというと、開幕直後に放つことで素早く道を作りいち早くエリア中央や有利なポジションに位置取ることができる。 
また、シールドと違いよりキルを取りやすく、乱戦のさ中やガチホコを持っている相手に投げてやると効果的だ。
僕が52ガロンデコやプロモデラーMGにハマった理由はまさにこれである。 
この遠くからコロコロするのが地味な嫌がらせになり、悪いことしてる感でゾクゾクします(笑)
ただ、インク消費が激しいのでサブインク効率やインク回復量上昇を付けることをオススメします。
結構投げた直後避けられて距離を詰められてインクがなくてあぼーんすることがあります。注意せよ!!! 

そしてスペシャルのトルネードですが、これは説明不要な気もしますなぁ。
簡単にするなら、距離を問わない上広範囲を攻撃できるのが利点です。
ただ、僕はメガホンレーザーの方が好きかもしれません。
ゲージ貯まるのも結構早いですし、一直線攻撃は相手を狙いやすいので。
塗ることはできませんがガチマッチならこっちの方が優秀な気がします。

まとめますと、シールドを取るかチェイスボムを取るか、と言った感じですが、シールドの方がステージを選ばない上、ヤグラでも活躍させやすい、見返りが大きいことがシールド持ち武器の方が多い理由ですかね。
確かに僕もチェイスボム持ち武器はガチヤグラでは持っていかないですね。
ただ、チェイスボムを使う利点もそれなりに大きいと思いますので、ぜひ一度使ってみることをオススメします。
ボムからの奇襲なんかが決まるとすごく気持ちいいですよ!!



では、今回はこの辺で。
ついに80回ですね。
よくやるよホントに(苦笑)


スポンサーサイト
2015/09/29/Tue 20:02:33   スプラトゥーン/CM:0/TB:0/

  スプラトゥーン プレイ日記 その79‐なぜ負けは連鎖するのか?
大抵の方が一度は経験するでしょう負け続ける謎について今回は書きたいと思います。
がしかし、あまり真面目に書くつもりはありませんのであしからず。 

make



まず、負けが続く理由の候補を考えてみよう。
①実力不足
②運が悪い

俺は頑張ってるッ!!味方が悪いんだあああああ!!!FUUUUUUU!!! 

さあ、皆様自分に一番近いのはどれでしょう?
ちなみに僕自身は”実力不足”が一番の理由になる場合が多い気がします。



①実力不足による負け続け
これはもう単純に自分がそのウデマエに見合った力がないのに、何かの間違いで上位に上がってしまったため起こる現象ですね。
ちなみに僕は現在ウデマエSですが割とA+まで落ちたりします。
ここの行き来が激しいです。
多分僕みたいな人はかなり多いのではないでしょうか。
なまじ微妙に実力がついているせいで異様に勝ち続けることがあり、それにより俺TUEEE!!!となってしまい、何度か立て続けに負けてしまっても、「次勝てばそのあとも勝てるだろう」「この負けはたまたまだから!勝つ方が普段多いから!!」「ここで負けたまま終わるのは気持ち悪いからもう一試合やろう」などなど、多種多様な言い訳を伴い結局戦い続け負け続けるという典型的落ちパターンにはまってしまう。
さらにタチの悪いことに、最低一度は上位ウデマエを経験しているので自分はそれくらいの実力はあるはずだッ!!!となってしまい冷静さ集中力を欠いていることにも気づかず戦い続けてしまう。
こんな状態で勝てるはずがないのだ。 
何故そう言い切れるのかって?
実体験だからなッ!!! 
ですが、ある程度の実力があっても負け続けるときには負けてしまうもの。
特にS+はマグレでも早々上がれるものではないので、そこで負け続ける人たちには次の要因が働いている可能性がある。

②運が悪いせいで負け続ける
実力はある。が、自分ではどうしようもない外部からの圧力のせいで負けてしまう場合もあるだろう。
ここで勘違いしてはならないことがある。
それは、実力の足りない人が「○○のせいで負けたんだ!!だからオイラはホントは強いんだ!!」と思ってしまうことである。
皆様、運が悪い、を舐めてはならない。
たまたま相手が投げたボムに当たってしまったとか、影から出たらたまたま相手が振りかぶってたとか、そんなものは実力でカバーできる範囲内だ。
ゲームしてたら風のせいで看板が窓ガラスを突き破って飛んできてWiiUにヒットし壊れて負け扱いになったとか、津波で家に水が侵入しコンセントが抜けてしまったせいで負け扱いになったとか、ゲームしながら内職してたら内職が爆発してコンセントが抜けて負け扱いになったとか、UFOが家の近くを通ったせいでコンセントが抜けて負け扱いになったとかとかとか、そのレベルになってやっと運を言い訳にできるのである。
本当にこれらの事象で負け続けている人には本気で同情するとともに、ある意味尊敬します

③味方が悪いせいで負け続ける
ドンマイ!!! 


結論、自分の実力を上げるよりも強い味方と当たれる運を磨こう。(ドンッ!!) 

m




では、今回はこの辺で。
本日録画していたSPECの映画を観ました。
SPECもTRICKも大好きなんですが、そのSPECの方の話。
映画もう少し何とかならなかったのかッ!!!
2015/09/26/Sat 15:52:08   スプラトゥーン/CM:0/TB:0/

  スプラトゥーン プレイ日記 その78‐ゾンビダイナモでぞんぞんぐらし
前回言っていたようにゾンビギアの話を書きたいと思います。
どうでもいいことですが、「いつか○○の話を書きたいと言って実現した数少ない記事の一つになりましたね。

gon



まず、ゾンビ装備(ゾンビギア)とはなんぞや、といいますと、復活速度短縮のギアを積んだ状態のことですね。
これをメインに3つ積むとどれくらい復活が速くなるのかというと、ギアなしが「モタモタするな!!さっさと復活だ!!復活復活ゥ!!」という速さなのに対し、ガン積みした場合「うおおもう復活した!!じゃあ前線行くぞ!オラオラオラァ!!あ、すぐ死んだ!!うおおもうふっかry(最初に戻る)」というぐらいには速いです。おわかりいただけたでしょうか?
この装備の何がいいかといいますと、活動できる時間が増えるのでより相手に圧力をかけていくことができるという点ですね。
特にダイナモローラーは他の武器と比べてもかなり塗れる武器なので相手からしたら厄介でしょうね。
実際使ってみたところ、というか今も気にいって愛用しているのですが、かなり強力だと思います。
ダイナモローラーは相手と相撃ちになり共倒れすることも結構な頻度であるのですが、相手が復活速度を積んでいなかった場合はそれだけでアドがとれます。
また、事故死などをした場合も通常よりは巻き返しが効きやすいのでガン積みしなくとも、メインに一つ付けておくだけでもそれなりに働いてくれると思います。

ただ難点もあり、今の僕がそうなのですが、ギアパワーに頼り過ぎてデス数が増えることになる場合があります。
これが意外とネックで、思考が「やられてもすぐ復活できるからとりあえず突っ込むべぇ」「あ、やられちまった。でもまあすぐ復活するしいいかぁ」となってしまいがちです。
いくらゾンビ装備といえど、基本はやられないことが一番大事です。
やられなければそもそもゾンビギアを他のギアに回すこともできますし、リスポーンまでの時間を失うこともないのですから。
いやー、不死身の体ってそういう感覚がマヒしてくるので怖いですね(不死身ではないが)。
なんか漫画とかで不死身だからって油断していて負けてしまうキャラとかっていますが、読者視点だとそれは油断しすぎだろ!とかツッコみたくなるときとかありますが、何となくそのキャラの気持ちがわかりました。 
あと、復帰直後にスーパージャンプをして前線に戻りたくなる衝動に襲われることがありますが、いくらジャンプミスの損害が最小限といえど、タイミングはきちんと見極めましょう。

ですが、このギアのおかげで相撃ちでも有利を取れたり、多少強引に突っ込んで突破口を開こうとしたり、前線を維持しやすかったり、ならではの利点もあるのでそこはうまくいかせるといいですね!

結論、ゾンビはめんどくさい。 

gurasi




では、今回はこの辺で。
なんか大学の夏休み明けから急にアクセス数が落ち込んでびっくりしましたが、学生の忙しさはどこも同じなのですね・・・
社会人の方はmoreかもしれませんが・・・
ちょっと前から時間が欲しいとよく思います。
サンタクロースに掛け合ってみましょうか・・・無理か。
2015/09/22/Tue 20:28:36   スプラトゥーン/CM:2/TB:0/

  スプラトゥーン プレイ日記 その77‐マサバ海峡大橋でダイナモ無双
先日新ステージ”マサバ海峡大橋”が解禁されましたね。
その報告に時間がかかってしまったのは、ここ数日急に遊戯王にはまってしまっていたからです
確かに昔はまっていたときがあったんですが、今になってまたはまるとは思いもしませんでした。
今の遊戯王の環境は簡単に大量展開できるんですねぇ・・・
マジェスタ―は絶対に許さない。 

sora
素良くんかわいい。



まあ、遊戯王の話はどうでもいい。 
ここマサバ。ナワバリとガチエリアで遊んだ限りでは・・・ダイナモめっちゃ強くないですか?
上からなら広範囲を一度に塗れ、スーパーセンサーで隠れた相手も逃がさない。
そしてスプリンクラーもかなり有効と、まさに至れり尽くせり。
ガチエリアならスプリンクラー1つで半分くらい塗れますからね。
かつ壊されにくいですし(左右の壁の狭い面にくっつけると)
まあ、これはダイナモの強さではなくスプリンクラーの強さですが。 
昨日の夜はデカライン高架下とマサバ海峡大橋のガチエリアだったのですが、ここで100ウデマエを稼ぎました。 
それでもS+に上がれていない時点でいろいろお察しでしょうが、ダイナモが活躍できるステージが増えることは大変喜ばしいことです。

また、しばらくプレイしていなかったせいなのかかなり新鮮な思いでプレイすることができ、それも勝ち越せた理由かもしれません。
なので、行き詰った方は思い切って数日スプラトゥーン関連のことを一切シャットアウトしてリフレッシュするのも有効かもしれません。

あと、僕がダイナモで勝ち越せた理由になるかもしれないことがもう一つありますステージが神だった
それはギアを思い切って一新したということです。
今までのインク周りやりくり装備を捨て、新たにゾンビに生まれ変わったのだ!! 
ゾンビなら生まれ変わっても死んでるじゃん、というツッコミはアリです。 
ゾンビ装備のことはまた今度書きたいと思うので今回はあまり触れないでおきます。

zon




では、今回はこの辺で。
結論からいうと、相手にうまいチャージャーとうまい96ガロンデコがいなければダイナモはそれなりに活躍できる。
・・・他の武器も同じか。
2015/09/19/Sat 15:15:29   スプラトゥーン/CM:0/TB:0/

  スプラトゥーン プレイ日記 その76‐スプラシューターコラボについて考察する
今更かよ!!と激しくツッコまれそうだが最近一番使っている武器なのでいろいろ書きたいことがあるのですよ。
もっとも、僕よりこの武器を使いこんでいる方は掃いて捨てて再利用できるぐらいにいると思いますので、新しいことにはあまり期待しないでください。
それでもいいよ!という方はそのまま下へ。
じゃあいいや、という方は我慢して下にお進みください。

taero



まず、僕が少し前に初めてこの武器に触れる以前は、シューターといえば”デュアルスイーパー”、”ジェットスイーパー”を使っており、他のシューター武器にはほとんど触れていませんでした。
触れるどころか購入すらしていませんでした。 
以前から当ブログに足を運んでくださっている方にとってはもはや常識でしょうが初見さんのために一応、ね。

”これ、結構前の記事ですけどこの状態が割と最近まで続いていました。ありえへんな・・・→参考記事

そんな状況ですからある日ふと勝てなくなり、その状況打開のために新たな武器(昔からあった)に手を伸ばした次第。
スイーパー系では射程があるが火力が足りない。
そもそもエイム力が足りない。
インク管理もままならない。
意志が弱い。
機械に弱い。
方向音痴。
おい、僕の悪口はやめろ。 
そこで、みんなよく使っている”スプラシューターコラボ(通称スシコラ)”でも使ってみるか、ということになったのである。
実はこの直前に射程と火力があって強そう(小並感)、と思った”96ガロンデコ”を使ってみたのだが、まったくと言っていいほど勝てなかったのですぐやめた。

そして、実際スシコラを使ってみた感想としては「なにこれ使いやすい!!使ったことないのにこんな動けるなんて!!あ、これ進研ゼミで見たやつだ!!
といった感じでホント使い勝手がよかったです。
射程はガロン系には負けますがそこそこあり、塗りもできるインクのばらつき具合。
さらに”キューバンボム”と”スーパーショット”で遠距離にも弱くないという非常にバランスの取れた組み合わせ。ローラーにも勝てる見込みアリ。
これが弱いはずがない。 
難点を挙げるなら流行りのガロン系列に弱い・・・ことぐらいですかね?
まあ96ガロンデコなんかはそもそもどの武器に対しても安定して強いですし、正直難点といえる難点はない気がします。
クセがあまりないのでギアも割と自由度が高いのも高評価ですね。
本体自体の燃費はかなりよく、キューバンの消費は多少痛いですが距離があるなら接近を許すまでにある程度インクを回復させられますし、それ以上にサブがキューバンであるメリットの方が大きい気がしますね。
ガチマッチのどのルールでも活躍できる汎用性の高さキル数を稼げるので爽快感の会得手始めにシューターに慣れるための一歩などなど、とにかく使う機会に恵まれる良武器と言えるのではないでしょうか。
僕の過去の記事を読んでいる方には使う機会()と思われるかもしれませんがね。 

同じサブ、スペシャル持ちの”スプラスピナー”とは塗り範囲、瞬間的な火力の高さ、発射までの隙などが大きな違いだと考えています。
使いやすい方を使えばいいんじゃないですかね?
個人的には対面で有利を取りやすいのがスプラスピナーで、奇襲に向いているのはスプラシューターだと思っています。
スプラスピナーはホントにチャージの時間が短いので案外矢継ぎ早に撃てます。さらに射程があり、追い打ちもかけやすいです。
スプラシューターは溜めの時間も音もならないですし、撃ちっぱなしにできるのが利点ですね。

オススメのギアパワーは特にないですが、敢えて言うならスペシャルゲージの上昇量アップや、サブインク管理、攻防アップやイカ及び人ダッシュ、最近話題のイカジャンプ高速化やリスポーン時のスペシャルゲージ低下への耐性はイカがでしょう?
あ、選択肢多いな!!というツッコミありがとうございます。 



では、今回はこの辺で。
久しぶりに昼時に更新したな・・・
Twitterにも書きましたが、この記事を書く直前、カーソル動かねぇ!!PC壊れた!!と思ったらマウスがPCに刺さってませんでした・・・
ハズカシッ!!!


過去の武器考察記事(おふざけアリ)
スプラスピナー
プロモデラーMG
14式竹筒銃・甲
ホクサイ
96ガロンデコ
カーボンローラー
ノヴァブラスター
2015/09/15/Tue 12:39:21   スプラトゥーン/CM:0/TB:0/

  スプラトゥーン プレイ日記 その75‐漫才で万歳、勝敗は犯罪
フェスが終了しましたね。
今回のフェスは『漫才するならボケかツッコミか』というものでしたが、皆様はどちらを選択しましたか?
いつもはほとんど迷わずに決める僕も今度ばかりはかなり悩みました。
なぜならリアルの生活を想起するとどっちもしているから
僕に限らず大抵の人はどちらも担当することになるんじゃないですかね?
実を言うと僕はボケる方が好きなのだが(しってた)リアルの友人はあまりズバッとツッコみを入れてくれないことが多く、いつのまにか僕がツッコミに回っているというケースの方が多かったりする。
なので僕は今回はツッコミ派にしました。
・・・それにしてもどうして友人達は僕にツッコミを入れてくれないんですかね?
あ、ちなみに、決して僕のネタがスベッているとかそんなことは断じてない。 

・・・断じてない!!! 

suberu



まあ、そういう背景があってツッコミ派に回ったわけですが、結果なんとツッコミ派勝利!!
やったぜ。
・・・それは素直に嬉しいです。

が、しかし、今回のフェスはリアルの事情で十分な時間がとれず、ランクをカリスマにまでしか上げることができませんでしたッッッ!!! 
よっていつものように戦績を発表することが躊躇われる・・・
今回は発表はなしでいいのではないか・・・
中途半端だしね・・・
いや、内容事態はよかったですよ?
過去のフェスの戦績を見る限りでも、いまのところ勝率はいまだ衰退を見せない粘り強さを表していますしね!!



・・・もうやめましょうか。こんな茶番は。
勘の良い方は既にこの記事のタイトルで気付いていることでしょう。
なぜ勝った派に属していたのに勝敗は犯罪なのか!? 
それは今回の僕のフェスの戦績が目を覆いたくなるほど散々なものだったからなのです・・・
そして、これが今回の結果である・・・

11勝14敗 

まさかの、そして初の負け越しである。 
前回なんか34勝7敗でヒーハー!!!してたのにこのザマですよ。これザマスよ。
最近まったく勝てない日々が続いていたとはいえ、こんなのあんまりだあああああ(涙)

annmari

まあ、心当たりはいくつかあるんですけどね。
1つは発売から時間が経って全体的にプレイヤーの実力が上がってきたこと。
そして同時に新規プレイヤーとの実力差がはっきり表れだしたこと。
野良戦だと当然仲間になるメンバーはランダムなので実力差がありすぎることもたまにはあるでしょう。
これが外的な要因。

そしてもう1つ。
それは、今回僕がマイフェイバリット装備のダイナモローラーをほとんど使わなかったこと。
なんでよ?という質問が電光石火でされそうなので言われる前に答えておくと、最近いろんな武器を使い始めてそれが楽しいレベルまで昇華されてきたから。 
ようやくダイナモローラー以外の武器が楽しいと思えるレベルまで使えるようになりました。
が、それには1つ落とし穴があって、それは span style="font-size:large;">あくまで楽しいレベルであって使いこなして戦えるまでには全然なっていないということである。
これが痛かった。
痛いどころかそれが原因で全身複雑骨折レベルの症状になって結果が出た。

まあ、当たり前と言えば当たり前なんですけどね。
だってダイナモローラーと他の武器とではまったくもって一緒に戦っていた時間が違うのですから。
言ってみれば練習量です。
塗りカンストのダイナモ他の武器とではまさにほどの差がある。
本格的に使いこなせるようになるまでにはまだまだ時間がかかるでしょう。

↑ここまで僕の言い訳ですホントにすいません。  


いやー、今回はホントにショックが大きくてつい愚痴っぽい記事になってしまいました。申し訳ない。
それにしても皆様お気付きですか?
このスプラトゥーンプレイ日記はついに75回にもなっていますよ。 
はい、非常に中途半端な数字ですね。
でもホントに100回まで見えてきましたね。
まさかここまで、しかもこのペースで続けられるとは・・・
これ以上回数のことで文を連ねると最終回みたいな雰囲気になってしまいそうなのでこの辺にしておきますが、書くことが尽きないのがスプラトゥーンのすごいところですね。
それだけ魅力のあるゲームということなんでしょう。

魅力のあるゲームといえば、最近任天堂から”スーパーマリオメーカー”が発売されましたね。
当初まったく興味がなかった僕ですが、ゲーム実況をぼんやり見てたら欲しくなってしまいましたよ。
購入するか悩みますねぇ・・・なんてことは一切考えず、直後衝動的に購入していました。 
ということで、せっかく購入したのですからこれは記事にしない理由がない!!
つまりは今後はマリオメーカーについての記事も書いていこうと思います!!
まあ、スプラトゥーンほど高頻度で更新はしないと思いますが(あんまり深く予定を考えてない)ステージを作ったり発見があったらなにかしら記していきたいと思います。
メインはあくまでスプラトゥーンプレイ日記なのでそのせいでこっちの更新頻度が下がるということはないと思いますのでその辺は心配無用です。
1つ心配なのは、このブログに足を運んでくださる方の9割はスプラトゥーン関連のことを理由としていると思いますので、マリオメーカーの記事の需要があるのか?ということです。
もし、スプラトゥーンもマリオメーカーも持ってるよ!購入予定があるよ!という方がいらっしゃったらコメントしてもらえると更新頻度の参考になりますので気が向いたらどうぞ。

neee





では、今回はこの辺で。
無駄に長い記事になってしまった。
あと、どうでもいいけど、記事にあった画像を探す時が一番楽しい。
2015/09/13/Sun 23:54:13   スプラトゥーン/CM:0/TB:0/

  スプラトゥーン プレイ日記 その74‐相手が使うと強いケド自分が使うと弱イカ略
あなたはこんな経験ありませんか?

「相手が使う○○はやけに自分に当たるのに自分が使うと当たらない!!」
「相手に使われると厄介なのに自分がやっても効果がない!!」


安心してください。僕もそうです。
僕もそんな一般凡人イカプレイヤーの1人、皆様の味方でございます。 
他のスプラトゥーンのプレイ日記や記事を見ていると武器についての使い方各ステージの立ち回りがこと細かく解説されていることはあれど、こういったみんな何となく感じているスプラトゥーンの日常が書かれている記事はあまり目にしない印象(イラストや漫画は別ですが)です。
僕の思い込みだったらごめんなさい(テヘペロ)
もっと増えてもイインジャナイカナ?と思い立ったが吉日、まずは自分で書こうではないか。
というか、そもそも僕にはそんな立ち回りのことなんか書けるほどのプレイスキルがないんですがね。 

hukuda



理不尽リストその1
”スーパーショット”
まず思い浮かぶのはこれじゃないですかね?
相手が放つショットは自分が吸い寄せているのでは?と疑いたくなるほどの精度で飛んでくるのに、自分で放つとショットがあえて相手から逃げているのでは?と疑いたくなるほどの精度で明後日の方向に飛んでいく。
全弾総外しなんて当たり前。
むしろ全弾撃ち切れたらいい方で大抵撃ち切る前に相手にやられてしまうなんてことすらある、という声も聞こえてきそうだ。
耳が痛いですなぁ・・・  
障害物の裏に居れば当たらないなんて大ボラをほざく猫にはメガホンレーザー集中砲火の刑である。


理不尽リストその2
96ガロンデコ

今流行りのハイスペック武器もリスト入りでしょう。
強い方の動画をご覧になり興味を持った方や確定2発の上長射程という話を聞きつけ使ってみた方も多いのではないでしょうか?
僕は上記以前のとんでもなくショボい理由でこの武器を使うに至ったのですが(詳しくは過去記事をどうぞ)、相手にした時の強さ厄介さはすでに重々承知でした。
それゆえにかなり期待もありました。
「この武器を使えば僕も憧れのS+に・・・」
だがしかし、現実は非情なものである。 
まず、予想外の弾のブレ。
相手にした時は全然気にならなかったのに実際使うとやけに弾がブレる。
その結果攻撃が当たらない、という事態に陥る。
確定2発だろうが長射程だろうが当たらなければ意味はない。 
そしてもはや必然だが相手の攻撃は自分に当たるんですよね・・・。
こんなの絶対おかしいよ!!! 

madoka

そして96ガロンデコの強みの1つにサブウエポンの”スプラッシュシールド”がありますが、これもリスト入りだと思います。


理不尽リストその3
スプラッシュシールド

設置場所、設置タイミング、シールドとプレイヤーの位置関係、もう何もかもが違うんですけど!! 
完全に同名の違うサブウエポンなんですが。
くっそぅブキチにパチもん掴まされたッ!!! 
ヤグラの上にシールド置くのって簡単にやっているように見えてえらい難しいですからね、あれ。
散歩中ならともかく、戦闘のさなかにあれをやってのけるには相当修練を積まないと無理なのではないでしょうか。
ちなみに僕がそれをやると大抵ヤグラに届かないかヤグラ付近の別のところに引っかかります。
そしてシールドがシールドしてません。 
ただの観賞用パルテノンになります。 

parusi


他に思い浮かぶのはチャージャー全般だったりクイックボムだったりしますが、これ以上は同じような内容を書くことになる気がするのでこの辺でやめておきます。
まあ、わかっているんですよ。本当はただの練習不足だっていうことくらい・・・
自分が努力すれば状況は改善できる。
愚痴ってる暇なんてないんだって・・・。
この記事を読んでくれた皆様。一緒にエンジョイしながら実力を付けていきましょう!
まだまだ先は長いですね!!


だがダウニー貴様だけはゆるさん。 



では、今回はこの辺で。
そういえばフェスが間近でしたね。
今回はツッコミで挑むつもりです。
もちろん終わったらまた記事を書くつもりです。
って、またアオリちゃんじゃない方かよ!!! 

この記事に共感していただけましたらほんのお気持ちだけで結構ですのでブクマボタンの一押しをお願いしたい。
2015/09/11/Fri 23:59:13   スプラトゥーン/CM:0/TB:0/

  スプラトゥーン プレイ日記 その73‐サポートにまわりたいそんなあなたに”プロモデラーMG”
今回は最近はまっている”プロモデラーMG”について書きたいと思います。
銀の方ですよ。銀がMGでしたよね?(自分の確認用)

mg


プロモデラーといえば圧倒的な連射力とばらけるインク故の塗り性能で有名だと思います。
スプラトゥーン発売直後にグワッと増えてすぐに引いていった覚えが僕の中にはちらほらと。
また、ナワバリではそこそこ見ますがガチマッチではほとんど見ない印象ですね。
ですが、僕はもっと増えてもいい気がするんですよね。
先に言っておきますが、今回の考察では相手を倒すことを目指すのではなく、あくまで仲間のサポートを第一に考え、撃破は余裕があればする、と言った具合に考えています。
そこのところよろしくお願いします。

では、具体的な動かし方について説明します。
①チェイスボムを有効に使おう
②味方の足場を作ろう
③死なないように立ち回ろう


その1、チェイスボムを有効に使おう
ということなんですが、このサブウエポンつよしです。
かなり強力なんですがあんまりガチマッチじゃ見ないですよね。
というのも、このサブウエポンを持っている武器がまず少ないんですよね。
プロモデラー以外では52ガロンデコだけです(今のところは)
52ガロンデコとの差別点は塗り性能で十分でしょう。
今回はサポートメインなので、塗り性能の差は大きいですよ。
まあ、実は52ガロンデコは使ったことがないのでホントはよく知らないんですがね(おい) 
それで、チェイスボムの活用方法なのですが、まず第一に道づくりですね。
チェイスボムの速さは(たしか)パブロ並なので、直線ならば他のどの武器よりも早く移動できます。
また、ホッケ埠頭やアロワナモールなど、若干突っ切りにくい直線通路に風穴を空けることもできます。
チャージャーで塗るのと違い、塗りながら進むことができるので奇襲も狙えます。 
道が多いとそれだけ攻め込むパターンを増やせるのでこれは有用ですよ奥様。 
そして、このサブはただの道作り機ではなく、ボムなのです。
よってダメージがあります。
直撃なら一撃です。
遠距離から転がしてキルを狙いましょう。
タイマンなら大体避けられますが、乱戦の中に投げ込んでやると結構当たります。
これだっていいサポートだと思います。
まあ、倒した時にはすでに味方がやられていたなんていうことはザラですがね。 
チェイスボムの難点の一つに他のボムと比べると遅いという点があります。
ボムとして使うときはちょっとクセがあるので案外狙うのが難しいです。
というか、狙ったところに直で飛んでいくわけではないので当たったらラッキーぐらいに考え、過度な期待をしないようにしましょう。
誘導性能を当てにし過ぎてはいけません。
あと、発射までに少し時間がかかるのでクイックボムのように近づいてきた相手を素早く撃退するのもちょっと難しいです。
最悪同士討ちには持っていけるかもしれませんが。

2、味方の足元を塗ろう
プロモデラーの塗り性能を生かしちょっとした時間にインクをばら撒こう。
基本戦闘中の味方に足元を塗る余裕はありません。
また、戦闘中に相手インクを踏んでしまうとその時点でアウトな場合もあります。
それを防ぐには簡単なこと、味方インクでエリアを塗りつぶしておけばいいのデス。 
それはもちろん早ければ早い方がいいです。
ここでさっきのチェイスボムが活躍するわけです。 
高速移動からの高速塗り。
これがプロモデラーMGの強みです。
また、プロモデラーのインク効率はかなりいいため、インクMAXの状態からなら長時間塗り続けられます。
ただ、チェイスボムのインク消費はかなり激しいのでサブインク効率のギアパワーを複数付けることをオススメします。

その3、死なないように立ち回ろう
これはこの武器に限った話ではないですが、デスしてしまうとその間塗れなくなるので役割が果たせなくなります。 
また、デスしなければスペシャルゲージを失うこともないのでスーパーショットもガンガン撃てます。
スプラシューターよりも塗れるのでそれ以上のゲージ回復速度を叩き出せると思ってください。
あと、マップ確認も怠らないようにしましょう(ブーメラン)。

otouto




プロモデラーMGの弱点
射程が短い。撃ち合いになると大体撃ち負けます。 
ガロンデコは言うまでもなく、スプラシューターやシャープマーカーにも撃ち負けます。
集弾率が悪い上確定5発なのでボールドマーカーにも撃ち負けるときがあります。
あとローラーも無理です。
ダイナモはチェイスボムでなんとかなるかもしれませんが、他のローラーは無理です。逃げましょう。
逃げてボム撃つかスパショでズバンするしかないです。
このようにタイマンはめっぽう弱いので戦闘は回避するのが無難です。 
まず生き残りましょう。
味方に倒してもらうためのプロモデラーサポートです。 



オススメギアパワー
1、サブインク効率アップ
チェイスボムはこの武器一番の強みなのでそれをまず生かせるようにしましょう。
このギアパワーがないとチェイスボム撃った直後にインク切れになります。

2、イカ速度、人移動速度アップ
速度を上げることで塗りを強化できます。
逃げられる可能性も上がります。

3、スペシャル上昇速度強化
スーパーショットを撃つ頻度を増やし攻撃に参加できる機会を増やすことができる。
キルを取りやすくなるが、それならスプラシューターコラボでもいい気がしてしまう。
ただ、チェイスボムはスシコラにない強みなのでアタッカー型MGならアリだと思います。



では、今回はこの辺で。
今回はなんか真面目な記事になりましたね(笑)
それだけこの武器を気に入ったということですかねぇ。
あ、ただこの武器ガチヤグラはキツイと思います。
ガチホコ、ガチエリアの時、もし気が向いたなら背負ってみてはいかがでしょう?
2015/09/11/Fri 01:00:26   スプラトゥーン/CM:0/TB:0/

  スプラトゥーン プレイ日記 その72‐そしてダイナモに帰結する物語
ここ数日、実はダイナモを倉庫に押し込んでスプラトゥーンをしていました。
というのも、「今の僕の実力ではダイナモでガチヤグラ、ガチホコで勝ち星を挙げるのは不可能!!!もうこれは他の武器を頼るしかないッッッ!!!
と滝のように涙を流しながら決断し、今まで購入すらしていなかった様々な武器に手を伸ばすに至ったのである。
それが今日の午前中までの話。
結論からいいますと、非常に楽しかった!! 
僕はスプラトゥーンは少なくとも武器の数だけ楽しみがあると思っているので、未開の武器に触れるということはそれだけで新たな発見や感動に出会えるわけです。
ある種当たり前のことだが、それを今までやってこなかったのが僕なので今更こんなことを書かせていただきます。

gunn
これは未開の地。


それでなんの武器を使ったのかというと、もう色々です。
スプラシューターからプライムシュータープロモデラーホットブラスターなど、シューターはほとんど使ったのではないでしょうか?

特にスプラシューター。 
僕はスプラトゥーンを発売日に購入したのですがそれから今に至るまで一度も使ったことがありませんでした。
大抵の人は初期のころから使えるこの武器をおそらく一度は触れて次の段階に進むのでしょうが、僕はこれを完全に無視!! 
なので僕はスプラトゥーンが発売された5月28日から9月6日までというおよそ3ヵ月、さらに言えば完成披露試射会を含めても一度も使用しなかったという、ある意味普通はたどり着けない境地に達していたのであるッ!!!
まあ、すこっしも自慢にならないけどな!!!
 


実際使ってみた感想としては、とても使いやすかった(こなみかん)。
超適当な感想だがスプラシューターなんて絶対僕よりこの記事を見ている皆様の方が使い込まれていると思うので感想を書く意味はほとんどないでしょう。
ホントならプレイ日記の5話とかその辺の記事で書くような内容なだけに今更感が半端ないですね。
どこで書く順番を間違えたのか・・・

そしていろいろ挑戦してみて、なんだかんだでダイナモローラーより勝てました。
ダイナモローラーとはなんだったのか・・・という感じでこの回は締めようかと思っていたのですが、勝てたのは最初だけで、使い込むにしたがって勝てなくなりました。
それもスプラシューターだけでなく他の大抵の武器がそういう状況に陥ったんですよね。
最初は勝てるのに徐々に勝てなくなる・・・ビギナーズラックとかいうやつなんですかね?
そんなこんなで、とりあえずウデマエがやばくなったので(一時Aまで落ちかけた)戻すためにダイナモを使おう、と思い再びダイナモに手を伸ばした次第です。
なんか矛盾しているような気がしますがね・・・ 
何の為に他の武器に手を伸ばしたのか・・・

が、話はこれで終わりではなく、再びダイナモを操作していて新しい境地が開けたんです!!
他の武器をいろいろ使ったせいなのか、改めてダイナモの立ち回りについて別の視点で考えることができるようになったんです! 
実際勝率も上がりダイナモでもヤグラである程度勝てるようになりました!
やっぱり食わず嫌いはあかんということなんですかねぇ・・・
まあ、ダイナモの操作の仕方はやはりダントツで身についているので、シューターみたく1から鍛えなければならないッ!!とならないので勝てるんでしょうが・・・
ダイナモローラーが相棒であることはどうにも不動のようです。

hud




では、今回はこの辺で。
他の武器を使った感想も書きたいですが需要なさそうなので悩むところですね。
あと、環境にガロンが多いのでスプラシューター、ダイナモは動きにくい感はありますね、やっぱり。
スプラトゥーンガチ環境考察なんかも面白そう(S+はしらん)
2015/09/09/Wed 00:10:33   スプラトゥーン/CM:0/TB:0/

  スプラトゥーン プレイ日記 その71‐スプラスピナーを使ってみた感想
先日解禁された新武器”スプラスピナー”について感想を書いていきます。
元々スピナーという武器はすごくロマンがあって好きだったのですが、”バレルスピナー”は最初に解禁されたスピナーにしては僕には少々(かなり)扱いが難しく使いこなせなかったので、今回のスプラスピナーはその練習に良さそうだな~、と思った次第。

rennn


実際使ってみますと、まずそのチャージの速さが目を引きますね。
バレルスピナーは射程と連射力が特徴ですが、スプラスピナーは射程を引き下げチャージの時間を短縮した形になりました。
これによりある程度近距離戦もできるようになり、塗りもしやすくなったと思います。
僕は歩行速度強化をましましにして実践に挑んでいましたが、サブ効率も付けたくなりましたね。
キューバンボムによって牽制や直線的な攻撃しかできないスピナーの攻撃範囲を補ったりする場面は結構ありました。
まあ、キューバンボムについては改めて語る必要もないでしょう。

そしてスペシャルはみんな大好き(もしくは大嫌い)スーパーショット。
これで射程と攻撃速度を誤魔化せるZE!
と言いたいところですが、僕は今までスーパーショットをほとんど使ったことがなかったので実践でほとんど当てることができず、さらには全弾打ち終わるまでにやられてしまう、という有様。
おかしい。他の人が使うスーパーショットはめちゃめちゃ僕に当たるのに・・・
加えて、経験のなさのせいでスパショの反動の知識がまったくなく、相手を倒したと思ったら反動で池ポチャしていた、という素人以前の事故を起こすという醜態を晒す事態に。
これには自分でびっくりしました。

ここまでで既にお気付きの方もいるでしょう。
そう、スプラスピナーのサブ、スペシャルは超メジャー武器の”スプラシューターコラボ”と同じなのだ。
これがどういうことを意味するかというと、どちらが強いか論争が起きる可能性があるということです。
ちなみに僕はスプコラを使ったことがないので比較のしようがないという完全に論外の民です。
なのでこのブログでは上記のことについては言及しませんのであしからず。
ただ、どの武器を使うのも人の勝手ですし向き不向きもあると思うので、どちらが優れているかとかそういう話はあまりする必要はないのでは、と思いますがね。

karinn




では、今回はこの辺で。
スプラスピナーは個人的にかなり使いやすかったです。
これをもとにバレルスピナーも使いこなせるようになりたいですね!
あ、言い忘れていましたがやっぱりシールドがあるのとないのとでは安心感が段違いです。
相手との距離はバレル以上に重要になりそうです。
あとスピナーはレンコンにしか見えない。 
2015/09/06/Sun 11:14:03   スプラトゥーン/CM:0/TB:0/

MAIN / NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。