FC2ブログ


人外さん在住FOREST
人外、ショタを愛するイラスト付きつぶやキスト。ポケモンオーラスでレート潜ったりもしてます。現在スプラトゥーンのプレイ(攻略?)日記を毎日書いてます。


  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--/-- --:--:--   スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

  スプラトゥーン プレイ日記 その43‐ガチヤグラで勝ち続けるための5つのポイント
そんなものがあったら苦労しない。


と、言いたいところですが、僕が実際にA+に居座れているのは他のうまい人達がこう動いているからでは?
と思ったことがいくつかあったのでまとめてみました。
参考になれば幸いです。

いつもと違いまじめな雰囲気で書いていますが別に熱があるとか悪いものを食べたわけではありません。
ガチヤグラが面白いのでそれに関係した記事を書きたくなっただけです。

思った方がいるかもしれませんが、タイトルがイカにも見たくなるようなよくある解説記事風の文字列になっているでしょう。
あわよくばこれで閲覧数を稼ごうというわけです。
こんな言わなくてもいいことを書いてる時点で普段の僕がどんな記事を書いているか想像がつきそうなものですが、もし気になる方がいらしたら他の解説・考察記事もどうぞ。
スプリンクラーについて
カーボンローラーについて
スプラローラーコラボについて
などなど。



それでは前置きはこれくらいにして本題に入りましょう。
ガチヤグラで勝利するための5つのポイントとは・・・これだ!!!

1.ヤグラよりも優先して相手を狙うこと
2.一か所にまとまって行動しないこと
3.積極的に地面を塗ること
4.一つの場所に固執しないこと
5.全滅したら先走らないこと


どうでしょう?なんとなくそんな気がしてきませんか?
また、これらのことと相反する行動をしていませんか?
試合終了後にあの時こうしていれば・・・と思ったことがこの中にありませんか?
あってもいいんです。
これから意識すればいいんです。
では、これから上記のポイントを詳しく解説していきます。



1.ヤグラよりも優先して相手を狙うこと
これは特に試合開始直後に言えることなのですが、まず最速でヤグラを狙ったとします。
やった、ヤグラをうばったぜんブラバァッ!!!
といったように、ヤグラを最初に奪ってもすぐにやられる、ということは多いと思います。
なぜなら、ヤグラは基本ステージの中央にあります。
すなわち、一番目に付く場所にあるわけです。
しかも周りが開けていて狙われやすいッ!!

そんなところに一目散に上ってもいい的です。

それならば、とりあえずヤグラは置いておき、まずは相手を全滅させる、もしくは、力を分散させる、といったことに力を注いだ方が結果的にヤグラを取りやすくなるのです。
しかし、害虫駆除が目的の方は散らしてしまうと阿鼻叫喚の地獄絵図になるので、ハチやアリはできるだけ一か所にまとめる形の方が巣を取りやすくなります。
え、聞いてない?そうですか。

しかし、相手の実力の方が上だったり、相手を倒すどころか逆に味方側が全滅してしまうこともあるでしょう。
そうなったらどうするか。
その答えは後述したいと思います。


it



2.一か所にまとまって行動しないこと
先ほどの答えの一部にもなるのですが、ガチヤグラでは基本的に一か所にまとまるのはよくないです。
というか、他のルールでも基本的によくない行動の一つだと思いますが。
なぜかというと全滅、もしくは、複数人にが同時にやられることを防ぐためですね。
ガチヤグラでは”スーパーショット”や”ホットブラスター”、”ノヴァブラスター”などの一撃粉砕超兵器がうじゃうじゃ湧いてくるので、まとまっていると余裕でニタテ三タテされます。
もちろんそんな状況は絶対に回避するべきなので集団行動は避けましょう。
逆に、社会に出て生きていくつもりの皆様は集団行動を身に付けましょう。

また、一か所にまとまらないということは多方向から相手を攻撃できることにもなるので、相手の背後をとったり、エリアに幅広く道をつくることにも繋がります。
最初は劣勢でも後半取り返すことが可能になるので、行動範囲は広めにとったほうがいいと思います。
いつも「最短経路をォォォ!!!最短経路をォォォ!!!」としていると、相手にその通路を塞がれるとかなりタイムロスを喰らいます。
それに、序盤の内に道を作ることにはもう一つ(もしくはもう二つか三つくらいあるかもしれないが)メリットがあり、まだ戦場がカオスな時期は相手もゲームパッドを見る余裕がないので、裏に回られていることがばれて
よぉぉし、誰もいないな!!って、ゲェェェッ!!!先回りされてるし!なぜバレたしッ!?
となることが少ないです。
逆に序盤の裏どりをしっかり察知して対策してくる人はかなりの猛者だと思います。
もし相手にそんな強者がいたら潔くサレンダーしましょう。(おい)

とりあえず分散して行動することの利点は理解できましたでしょうか?
もし、よくわからんという人がいらっしゃった場合は、とりあえず僕の他の記事をざっと見た後我慢してもう一回この記事を読みましょう。
それで理解できるようになるかはわかりませんが。

「他の人がみんなこっち行くからおいらもこっち行くべ」、と流される必要はないのです。
その他の人たちはむしろ、「アンタは裏に回ってくれ!ここは俺たちが引きつけるから!」と言っているかもしれませんよ?



3.積極的に地面を塗ること
この理由は先ほどの項で解説したのとほぼ同じです。なので省略ッ!!!世の中エコだッ!!!



というわけにはいかないのでしょうからちゃんと解説します。
しかし、はっきり言って半分くらいはさっき言った通りで、理由の一つは味方が動きやすくするためです。
では、もう一つの理由は何かというと、相手の動きを阻害するためです。

もちろん、完全に動きを封じられるわけではありません。
しかし、例えば”パブロ”や”チャージャー”がつくった道が味方陣地に引かれているとします。
この道が生きている限り、たとえ全滅させたとしてもすぐに相手は前線に戻ってきてしまいます。
そこで、エリア全体を味方色に染めたとしたらどうでしょう
当然、相手は潜水して進めないため、一々塗りながら進まなければなりません
この間にもヤグラは少しずつ前進しています。
これだけでエリアを塗る利点は理解していただけると思います。
それに、単純に戦闘の際も動きやすくなるので勝率が上がるでしょうし。

タイマンになったときに勝てないと嘆く皆様、よく思い返してみてください。
あなたがやられたとき、自分の周りは相手のインクで塗り固められていませんでしたか?
また、あなたが先陣を切って相手のエリアに侵入した際は、なぜか他のエリアで戦うよりもやられやすいと感じていませんか?

それはあなたが相手に有利な場所で戦っていたから、という可能性があります。
戦う際はできるだけ味方のインクが多いところで戦いましょう。
まあ、それができれば苦労しませんが。

さて、残る項目はあと二つ。
目が疲れた方はこのブログをブックマーク、もしくは、お気に入りに登録していつでも見られる状態にしておくといいと思いますよ。
いいと思いますよ。(大事なことなので2かry)



4.一つの場所に固執しないこと
「一か所にまとまらないこと、の話はさっきしたじゃねぇか!!大事なことだかryとか言ってんじゃねぇぞ!!!」
と思った方がおられるかもしれませんがそれは早とちりです。
正確には一人の相手に固執して一か所にとどまらない方がいい、ということです。

これ、けっこう僕もやってしまうのですが、壁や障害物越しの相手をお互いずっと倒せずに時間を消費してしまうことを指します。
これが味方有利のときはまだいいですが、ヤグラを取られているときは完全に時間稼ぎを喰らっています
フッ、やるな。お前とは実力が拮抗しているようだが・・・ここは俺が絶対に勝つッッッ!!!」とかやってる場合じゃないのです。僕のように。

ヤグラを取り返すには少しでも多い人数がいたほうがいいのです。
1か所に留まるということは、広範囲を塗ることも、相手を同時に二人倒すこともできません。
戦闘中に相手に背後を見せるのは少々気が引けますが、簡単に倒せないのならさっさと他のところにいって、塗り返すなりヤグラを取り返すなりしたほうが効率がいいです。

あ、同じ1か所に留まるにしても、1対2以上で長時間引きつけておくことは、その間味方が相手と接触するリスクを減らせるので有効だと思います。
できるだけ時間を稼ぎ相手に嫌がらせしてやりましょう。
場合によってはただ倒すよりも効果的なことがあるかもしれません。
確証はない。



5.全滅したら先走らないこと
最後ですね。
そして、ようやく第一項の全滅した際の行動について書けます。
全滅したら味方が復活するまで相手の懐に飛び込まないこと。
これを守らず単騎で乗り込んでいっても、相手にしてみれば4対1。
まず突破は難しいと考えられます。
ここは多少時間をロスしてでも、味方がそろい体制を立て直すことを意識するべきだと思います。
そのためのチーム戦です。

・・・いまちょっとカッコいいこと言いましたね、僕(殴)。

まあ、この項ははっきりいってこれに尽きます。
これが実現するには味方が全員このことを意識しておく必要があるので現実には難しいかもしれません。
しかし、8月にはフレンドでチームを組むことも可能になります。
意識しておくに越したことはないでしょう。

チームを組む人がいない僕のような人も意識しておくに越したことはないと思いばずッ!!!(涙)

bo



では、今回はこの辺で。
たまにはこういくガチな記事も悪くないね。
でも長い文章はつかれるね。
疲れを解消するためにフレ戦しよ。


その他ガチヤグラ関連の記事
ガチヤグラ考察
ガチヤグラ感想


スポンサーサイト
2015/07/05/Sun 21:50:36   スプラトゥーン/CM:0/TB:0/

new : スプラトゥーン プレイ日記 その44‐ダイナモローラーとステージの相性を考える
MAIN
old : スプラトゥーン プレイ日記 その42‐緑のたぬき大敗北(ネタバレ禁止)
COMMENT
COMMENT POST
/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK
  この記事のトラックバックURL:
   http://roninn.blog.fc2.com/tb.php/56-fcbca2f1
MAIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。