FC2ブログ


人外さん在住FOREST
人外、ショタを愛するイラスト付きつぶやキスト。ポケモンオーラスでレート潜ったりもしてます。現在スプラトゥーンのプレイ(攻略?)日記を毎日書いてます。


  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--/-- --:--:--   スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

  シーズン10 ジャロカバリザ構築
めちゃめちゃ久しぶりにポケモン関連の記事を書きますねぇ。
「おまえスプラトゥーンしかやってなかったんとちゃうんか?」と言われるかもしれませんが地味に裏で潜ってたんですよ地味に。
しかし、スプラトゥーンをメインにやっていたことは確かなので今期はあんまり潜れてない上に、他にもパーティを考えていたんですが「育成に時間をかけるなんてとんでもない!!!それならイカするぞォ!!イカイカイカイカァァァ!!!
ということで新たにポケモンを育成することを拒否!!! 
そりゃあレートも伸びませんわぁ~。
・・・え、今期最高レートいくつかって?

・・・1851です。

え、小さすぎて見えないって?
まあ、ちいさくなる積んだ状態ですからね。
特性鋭い目で見るとこうなります。

1851です。

へぼっ!!!
こんなんパーティ記事書く必要あるんか!?前回よりレート200も低いやんけ!!!
といわれそうですが自己満足で書きます。
ちなみに前回のシーズン9のときの記事



では、今期のパーティを紹介しましょう。
zbbbddd
ccceeeaaa

ジャローダ(リンドウ)
臆病、あまのじゃく、きあいのタスキ
H196A0B0C52D4S252
175:*:115:102:116:181
へびにらみ、ちょうはつ、ミラーコート、リーフストーム
以前にも紹介した僕の嫁ポケ色ジャローダですね。
色必要5V夢特性は素晴らしすぎる・・・
このパーティは竜悪ゴーストの一貫性が高く(欠陥)、フェアリー技に対して後投げが安定するのがHロトムくらいなので、特殊竜やフェアリー、ゴーストタイプが初手でぶっぱしに来やすいです。
それをつくミラーコート採用ですがけっこう刺さりましたね。ジャローダのミラコは読まれないのが強いです。
そうじゃなくともマヒを撒いたり、挑発で起点にならなかったり、時にはアタッカーになれたりとホントに優秀。
特にミラコを採用すると通常突破できない相手を倒せるのがgood!!
技は挑発をリフレクターにしたりもしてましたが挑発の方が欲しい場面が多かったのでこっちにしました。
環境にマンダが増えたのが最近のネック。
Cを203ガルーラがリフスト2発で中乱数で落とせる調整。あとは最速にしてダウンロード対策しただけ。
それでもわりと一発は攻撃を耐える。

カバルドン(カバコ)
わんぱく、すなおこし、ゴツゴツメット
H252A0B252C0D4S0
215:132:187:*:93:67
あくび、なまける、地震、氷のキバ
普通の物理受け。起点づくり型でない理由はそれようのカバをもってないから。
まあ、ガルーラとか重くなるので物理受けでよかったと思ってますが。
なんか冷Bガルーラが増えたらしいですが僕はあんまり見かけなかったですね。たいてい冷Pでした。
あくびが優秀。リザードンや後述するキノガッサの起点にできる。
氷のキバを採用したのはカイリューがけっこう重かったのと、マンダへの打点確保。
が、毒羽マンダには勝てなかったよ・・・
それまでは吠えるを採用していた。パーティーに1体は吠える系の技を持たせたくなる。

リザードン(Xトリーム)
いじっぱり、かたいツメ、メガ石
H12A36B4C0D204S252
155:170:132:*:131:152
みがわり、剣の舞、げきりん、ニトロチャージ
エースその1。
DS振りメガリザ。なぜこんな振り方なのかというと、ジャローダが呼ぶやつらを根こそぎ起点にするため。
ジャローダはわりと汎用性の高いポケモンですが、どうしても苦手な相手はいます。
Hロトム、化身ボルトロス、毒羽サンダー、メガライボルト、ハッサム、ナットレイなどなど
しかし、上記のポケモンの内ボルトロスを除けば(みがわり張れていれば別だが)みんな起点にできるのがみがわりリザードンXなのです。
調整としては、
ようきメガマンダのすてみが超低乱数。
リザードン状態でメガネニンフィアのハイボ確定3発。
特化水ロトムのドロポン確定2発。
2舞ニトチャでH252ニンフィア確定1発。
1舞逆鱗で特化ロトム確定1発。
2舞逆鱗でH193ヒードランが高乱数1発。
1舞逆鱗で特化サンダー確定1発。
強化アイテムなしの特化Hロトムの10万ボルトをみがわりが耐える。
4振りサンダーのめざ氷をみがわりが耐える。
といった感じです。
一度舞って加速してしまえば全抜きや壊滅的被害を与えられることも珍しくありません。
ただ、環境にリザXが増えたせいで対策が進み、レート後半では少し肩身が狭かったです。
しかし、リザードンがキツイマリルリやカバルドン、スイクンやガブリアスにジャローダが割と強く出られるのでやはり2体は相性がいいと思った。
エルフーンでいいじゃんとかいわない!!

キノガッサ(ふあっ!?)
いじっぱり、テクニシャン、食べ残し
H156A212B12C0D4S124
155:194:12:*:81:124
みがわり、キノコの胞子、マッハパンチ、タネマシンガン
いわゆるハイブリット型キノガッサ。こいつがめちゃくちゃ強かった!!!
はっきり言ってジャローダより選出機会がだいぶ多かった。
間違いなく今回のMVP。三タテニタテも珍しくない。
自分より遅く、粉が利く相手はみな起点対象。また、環境に多いランドロスにも強い。
ポイヒにしない利点は火力があること。
このおかげで無振りゲッコウガをマッパで一撃で葬り去り、B特化ナットレイは身代わりで電磁波を避けつつ三度殴って(サンドバックにして)ノックアウトさせることができる。
こいつ1体で逆転勝利を収めたり、HPMAXのハチマキ神速カイリューに胞子とみがわりの択を制しマッハパンチで突破したときはアドレナリンが吹き出しまくった。
また、使ってて思ったのは今の環境は催眠対策が薄いということ。
胞子対策にしてもナットレイやジャローダが多かった(ジャローダにはほぼ勝てない)。
ニックネームはNNが見えたときに相手の反応に期待してこう名付けた。残飯ガッサは珍しいでしょう?(ドヤぁ)
Sは無振り85属抜き。クレセはともかく、スイクンはわりとS振ってる個体が多くて少し困った。

Hロトム(コールドマン)
ひかえめ、ふゆう、こだわりメガネ
H252A0B4C236D12S4
157:*:124:170:129:107
トリック、10万ボルト、ボルトチェンジ、オーバーヒート
今期前半に異様に増えたボルトロス、ジャローダ対策。ただそれだけ。でも強かった。
有利対面を作って圧力をかけていく。無振りガブをオバヒで半分もっていく。
この子の最大の特徴はA個体値0のめざ氷個体である点。だがめざパ不採用という・・・
しかし、そのおかげでクレッフィにも強い。ちなみにB個体値は24.
メガヘラやガルドも一撃でもっていけるが、耐久にあまり振ってないため、ハチマキアローに何度も後出しするのはちょっときつい。

ガブリアス(VSでんき)
いじっぱり、さめはだ、こだわりスカーフ
ASぶっぱ
地震、逆鱗、いわなだれ、ダブルチョップ
メジャーすぎるので調整は割愛。
ここの枠はいろいろ変えてました。スカーフマンムーとかラムガルドとかスカーフゲッコウガとかとかとか・・・
まあ、とりあえずゲンガー対策が欲しかったということです。
結論:ガブは何しても強い。

基本選出はジャロカバリザ、もしくはカバリザガッサ。
あとは相手次第でHロトムやガブを入れてました。
正直納得のいくパーティではなかったので妥当なレートでしょう。
もっと起点づくりを意識したパーティにしたほうが絶対に強い。
あと、地味に重いポケモンが何体かいて(メガチルタリス、メガフシギバナなど)、パーティの完成度の低さが露骨にあらわれていました。
次のシーズンではまたジャロリザを中心に考えていこうかと思っています。

最後に・・・残飯ガッサは流行る!!!
スポンサーサイト
2015/07/15/Wed 13:36:26   ポケモン/CM:0/TB:0/

new : スプラトゥーン プレイ日記 その52‐ボールドマーカーに蜂の巣にされたの巻
MAIN
old : スプラトゥーン プレイ日記 その51‐スプラトゥーンを略す!!!
COMMENT
COMMENT POST
/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK
  この記事のトラックバックURL:
   http://roninn.blog.fc2.com/tb.php/65-9a33d531
MAIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。